▶こちらで最新版の記事を書きました。
「グロースハック」とは何か 〜グロースハックをマスターするための究極のガイド〜

Facebook、Twitter、Dropbox、Airbnb・・・

今では誰もが知るところとなったこれらのサービス。
彼らの成功要因は何でしょうか?

それぞれに固有の要因があるでしょうが、どのサービスにも共通している秘訣が一つあります。

それは、どのサービスも 驚異的な成長率を達成したということ

今回は、第一回ということで、
グロースハックとはそもそも何なのか
実際に何をすればグロースハッカーになれるのか
を実際の成功事例を交えながら明らかにしていこうと思います。

 

Growth Hack(グロースハック)とは何か?

一言でいえば、
数値やユーザーの声を分析し、ユーザーの数や質をGrowthさせる仕組みをプロダクトの中に組み込んでしまうこと

分かりやすい例を挙げて説明しましょう。

仮にあなたが初期のFacebookのグロースハッカーだとします。
そして、当時のFacebookでは多くのユーザーが登録してくれても、数日経つと全く使ってくれなくなるという
課題を抱えているとします。

そこでグロースハッカーであるあなたは、データを分析した結果、
ユーザーが登録した初日に、友達を3人以上つくると、8割のユーザーは継続して利用してくれるというデータを発見しました。

グロースハッカーである貴方が考えるべきは、
いかにして登録初日に友達が3人以上できるような仕組みをプロダクト内に組み込めるか

その方法は、友達のリコメンドだったり色々あるでしょうが、
これが基本的はグロースハッカーの思考と行動です。

 

グロースハッカーは今なぜ必要とされているのか?

ここの部分に関しては様々な見方がありますが、理由はとてもシンプルなものだと考えています。

ベンチャーには、実に様々な痛みがあります。
うまく行かないことの方が多い訳ですから。

そして唯一、成長、Growthだけがその痛みを癒してくれる

そうして、ベンチャーは昔からGrowthを求めてきた訳ですが、
最近になってやっと、Growthだけにフォーカスできる環境が整いました。

昔は黒字化していない事業は論外でしたが、今ではGrowthさえしていれば
ファイナンスでお金が付いてくるようになった。

更に、赤字のままでもGrowthさえしていれば、Exitという出口まで用意されるようになった。

そうした中で、Growthだけに振り切る人材、グロースハッカーが必要になってきたのです。

 

グロースハックの成功例 〜オバマ当選を脅かした1人の男の話〜

いきなりベンチャー以外の例で恐縮ですが、興味深いグロースハックの成功例を一つ紹介しましょう。

Aaron Ginn(アーロン・ジン)という人物をご存知でしょうか?

先の米選挙でロムニー候補の元で、個人献金集めや支持者の関与度の向上に尽力した人物です。

彼は、Web上で献金してくれた支持者の統計データや、最初の献金の額、献金者としてのライフタイムバリューなどの膨大なデータを分析し、
数々の施策を打っていきました。

特に面白いのは、献金画面にプログレスバーを設けたこと。

それによって、献金をした人はプログレスバーを100%にするために、
追加で献金をしたいという衝動に駆られることになります。

この施策によって、ロムニー陣営は繰り返し献金をする支持者の数を3倍に増やし、
結果的に1億8000万ドル(約140億円)の献金を集めることに成功しました。

※イメージ図

 

具体的にどうやってHackしていくのか?

「グロースハッカーが何者で、どうして必要とされているかも分かった。
だが、実際にどうやっていけば良い?」

というのが、皆さんの自然な反応だと思います。

では実際に、どうやってHackしていくかを見て行きましょう。

 

グロースハッカーの最強の武器「AARRRモデル」

AARRRモデルとは、

Acquisitionユーザー獲得:登録や訪問など)
Activationユーザー活性化:初めての利用でユーザーが”良い体験”をしてもらう)
Retention継続:ユーザーが繰り返しサービスを使うようにする)
Referral紹介:ユーザーがサービスを周りに紹介するようにする)
Revenue収益:ユーザーがより多く課金行動を取るようにする)

という一連の施策フローのことを言います。

僕らが運営しているiQONの例で言えば、

・Acquisition(アプリをダウンロードしてもらう。更に言うと登録してもらう)
・Activation(初めてのiQON利用で素晴らしさを体験してもらう)
・Retention(登録初日後も継続してiQONアプリを開いて利用してもらう)
・Referral(TwitterやFacebookなどでiQONを周りに宣伝してもらう)
・Revenue(ユーザーにより多く商品を購入してもらう)

というフローになります。

注目すべきはRevenueが最後にあるということ

目先の利益に目がくらんで、ユーザーの流入や、それを受け止めるザルの目が粗いままでは、
最終的なRevenueは小さいままです。
更にはユーザビリティも下げてしまうでしょう。

サービスの成長とユーザビリティの両立を実現するモデルですので、
基本的にこの順番で施策を行うのが良いと思います。

ちなみに読み方は「アーモデル」です。笑

かっこよく呼びたい人は、別名として「海賊指標」や「Pirate Metrics」などがあるので
そちらで呼ぶと良いかもしれません。笑

参考スライド:

 

 

まとめ

なんとなくグロースハッカーがどんなものか分かって頂けたでしょうか?

数値やユーザーの声を分析し、ユーザーの数や質をGrowthさせる仕組みをプロダクトの中に組み込む者

非現実的な成長率を実現する不屈の成長請負人

まだまだ日本にはグロースハッカーが少ないのが現状です。

僕自身もまだ未熟ですし、このブログで情報発信をしていって、

自分と日本のグロースハックレベルを高めていけたらなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加